2007年12月17日

▼ あの3人が歌うCLANNAD「小さなてのひら」比較

 TVA版「CLANNAD」も風子ルートを終えいよいよ中盤といった感じでしょうか。風子ルートのキーワードの一つに「ヒドデ祭り」ってのがあってアニメ版では「ヒトデ祭り」に対する力の入れ具わいにあぁ、やっぱり京アニ分かってるなってえらそうなことを思いました。

 今回、【CLANNAD】の”小さなてのひら”をriyaとLiaに共演させてみた。を見て、原作のriya AIRの鳥の歌のLia アニメ版だんご大家族の茶太。この3人の小さなてのひら と関連したニコニコ動画を集めてみました。

アニメ版から入った人は見ないほうがいいかもしんない・・・




まずはAIRの鳥の歌で有名なLia氏の小さなてのひら



 サビには他の追随を許さない力強さがある。原作版ではサビに入る前にちょっとした溜めがあり、その後サビ開始と共に汐のCGが表示される演出に、もしLiaが歌っていたのなら、間違いなく涙腺は大洪水状態であっただろう。

次に茶太氏



 アレンジが凄いせいもあるのですが、Lia氏とは路線が違い明るい仕上がりになっている。原作EDでこの曲が流れたらとってもスッキリした終わり方をしたんじゃないかなっと感じる。これから多くの困難があるかもしれない、けれどもここから始まる物語の未来は明るいものであるのだと、そう思う。

 別VERで英語版も流れます。こちらも必聴。

最後にriya氏。



riya氏には、声がちょっと深い感じがある。やさしく丁寧に歌っている。そういう印象を受ける。


そして弾いてみたシリーズ



上手すぎるの一言。カポでどんどん音を変えていくところはまさに神ががったテクニックであり演出でもある。




やっぱり小さなてのひらはいいな!
やはりアニメ版でも流れると思うのだけど、京アニのアニメーションがつくかと思うとワクワクがとまらない。
posted by ケイ at 01:25 | Comment(1) | ニコニコ情報 このエントリーを含むはてなブックマーク newsing it!
この記事へのコメント
こんばんわ☆
ペロペロンと申します。

こちらのサイトをリンクさせていただきました。
よろしかったら相互リンクお願いします。

ゲームセンターGX -ペロペロンの挑戦-
http://game-yaritai.seesaa.net/
Posted by ペロペロン at 2007年12月23日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。